印鑑のサイズについて詳しく解説します

印鑑のサイズについて詳しく解説します
印鑑のサイズについて詳しく解説いたします

いざ、印鑑を作ろうとした時にどのサイズで作ればいいか、迷った経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。このページでは、印鑑のサイズについて紹介します。

実印、銀行印、認印は男性、女性で適したサイズがある

実印、銀行印、認印とは

まず、実印、銀行印、認印について簡単に説明します。

  • 実印…お住いの市区町村における役所に登録する印鑑
  • 銀行印…銀行口座を開設する時に使用する印鑑
  • 認印…印鑑登録をしていない印鑑

続いて、それぞれ男女に適した印鑑のサイズをご紹介いたします。基本的には、実印が一番大きく作り、続いて銀行印、認印と作ります。

男性、女性の実印におけるサイズ

まず、実印から。

  • 男性…16.5mmもしくは18mm
  • 女性…13.5mmもしくは15mm

男性、女性の銀行印におけるサイズ

続いて、銀行印。

  • 男性…13.5mmもしくは15mm
  • 女性…12mmもしくは13.5mm

男性、女性の認印におけるサイズ

最後に認印。

  • 男性…10mmから12mm
  • 女性…10mmから12mm

これを図式化すると以下のようになります。

男女それぞれで印鑑作成に適したサイズがあります。

印鑑のサイズはなぜ女性より男性の方が大きいのか

男性のサイズの方が女性のものよりも大きく作る場合が多いです。それはなぜなのでしょうか。それは、古来からの風習で、昔は男性を立てていたので、男性の方を大きく作り、なおかつ女性は一歩引いて小さく作る、この風習が今でも受け継がれているということみたいです。印鑑が他の人よりも小さいと自分が小さく見えてしまうので、昔は男性の方が大きく作られていたということですね。

実印と銀行印と認印を一緒に使用することをおススメしない理由

最近では、実印と銀行印と認印を統一して使用される方を見かけます。これはあまりハンコ屋としては推奨できません。

どういうことかと言いますと、セキュリティ上の問題があります。実印や銀行印は、それぞれ契約を結んだり、通帳を作るのに必要となるものです。ですので、統一して使用してしまうと、実印や銀行印を他の人に見せる機会が増えてしまうということになります。すると、盗用されたり、コピーされて悪用されるケースも出てくるかもしれません。

頻繁に使うことが無いからこそ、実印や銀行印は効果を発揮します。あまり使わないからと言って渋ってしまうと、後で取り返しのつかないことになりかねません。実印や銀行印、認め印は別々に買うことをお勧めします。

いかがでしたでしょうか。印鑑のサイズについて、印鑑を同じにすることの危険性についてご説明しました。印鑑も、用法を正しく守ってお使いください。

印鑑道では、実印をはじめ、あらゆる印鑑を取り扱っております。近くをお通りの際には、ぜひお立ち寄りください。

印鑑の違いカテゴリの最新記事