女性の実印の作り方についてご紹介します

女性の実印の作り方についてご紹介します

不動産を購入する、結婚した、自動車を購入するなどの場面で実印を新たに購入する場面があると思います。この記事では、女性の実印の作り方について幅広くご紹介いたします。

実印とは

実印とは、市区町村の役所に届け出をした印鑑のことを指します。届け出をしないと実印にはならないことには注意が必要です。

実印の用途としては、不動産の売買や自動車登録などが挙げられます。実印自体は滅多に使う印鑑ではありませんが、一生ものですのでしっかりとしたものをお作りすることをお勧めします。

おすすめの印鑑購入場所

最近はインターネットが普及して、簡単に安く印鑑が購入できるようになりました。ですが、はんこ屋さんに行けば、その人に合った印鑑をお勧めしてくれます。

はんこ屋さんの印鑑はインターネットより高いですが、その分しっかりとした印材で手間暇かけて作って頂けるはずです。

女性の実印サイズについて

まずは、女性の実印サイズについてご説明いたします。お勧めの実印サイズは、13.5ミリか15ミリです。

男性よりも少し小さめなのは、女性が「男性よりも一歩引いた立場だった」からです。今では平等な社会になっていますが、ハンコではそういう風習が引き継がれています。大きいサイズはそれだけ押すのに力がいることもあり、このサイズが適正と言えます。

女性のお勧め実印サイズ

女性の実印の彫り方について

お勧めの彫り方は名前を横に彫ることです。

フルネームで彫ると女性の方が家庭的に強くなり、パワー関係が保てなくなると言われています。名字のみで彫ってもいいのですが、結婚した時に、名字が変わってしまうため、もう一度彫り直さなくてはいけないことに注意が必要です。

名前を横に彫ることで、家庭が安定する、結婚しても彫り直さなくて済むことから、名前を横に彫るようにすることをお勧めします。

女性のお勧め実印彫り方

女性の実印における書体について

お勧めの書体は印相体か篆書体です。この二つをお勧めする理由は、複雑な印影が出来上がるため、どちらもコピーされにくいからです。

以前は印影がコピーされ、悪用される犯罪がありました。犯罪の被害者にならないためにも、コピーされにくい印影を選びましょう。

女性のお勧め実印書体

女性の実印にお勧めの印材

お勧めの印材は、象牙、牛角です。どちらも高いですが耐久性があり一生ものとなるでしょう。特に象牙は牙で出来ていて、カルシウムが豊富なため、押せば押すほど朱肉の付きが良くなると言われています。

象牙は印鑑の中でも高い値段ですが、長年使うことを考えれば、高い買い物ではないと考えます。

牛角
象牙

いかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。

個人実印カテゴリの最新記事