どの契約書に実印を押せばいいの?

どの契約書に実印を押せばいいの?

契約書にも様々あります。どの契約書に実印を押せばいいか、迷うことがあるかもしれません。今回はどの契約書に実印を押せばいいかについてご説明いたします。

実印を押す契約書の種類

実印を押す契約書の種類は主に以下の通りとなっています。

・ローン

・不動産売買

・自動車登録

・公正証書の取引

・遺産相続

・法人登録

などとなっています。

安易な実印の捺印は危険です。実印を沢山押せば押すほど、実印の印影が公衆の目にさらされることになり、コピーされ、犯罪となるリスクが高まります。

実印を使うケースの見分け方

そこで、実印を使うべきかどうか、簡単な見分け方があります。それは、印鑑証明書が一緒にいるかどうか、を聞けばいいのです。印鑑証明書が必要であれば、実印を捺印すればいいし、印鑑証明書が必要でなければ、実印は必要ありません。もし不安であれば、担当者に実印が必要か聞いてみるのが確実です。

最後になりましたが、実印と印鑑証明はセットで使うことで効力を発揮します。安易にこのセットを他人に渡さないように用心はしっかりとしておいてください。

個人実印カテゴリの最新記事