実印を再登録する方法について

実印を再登録する方法について

実印が欠けたり、実印を失くしてしまった等の場合、新しい実印を登録しなくてはなりません。ここでは、実印を再登録する方法についてご紹介いたします。

実印が欠けた場合の再登録する方法

実印が欠けた場合、印影に影響がなければ、変更する必要がありませんが、印影の形が変わってしまった場合、実印として使えなくなってしまいます。その場合、新しい印鑑を登録する必要があります。

まずは、今の印鑑登録を廃止しましょう。印鑑と、印鑑登録証明書と本人確認書類を持参のうえ、市区町村の役所窓口に行ってください。その後、新たな印鑑を登録しましょう。

実印を失くしてしまった場合の再登録する方法

実印を失くしてしまった場合、盗難の可能性もあるので、直ちに印鑑登録を廃止しましょう。そうすることで、悪用されるのを防ぎます。印鑑登録証明書と本人確認書類を持参し、お住いの市区町村の役所窓口に行きましょう。印鑑登録の廃止が出来たら、新たな印鑑で登録しましょう。

印鑑登録カードを紛失した場合の再登録する方法

印鑑登録カードを紛失した場合、印鑑登録を廃止して、同じ印鑑を登録するか、新たな印鑑を登録するかの選択肢がありますが、盗難のリスクを考えると新たな印鑑を購入し登録した方が無難と言えます。まずは、実印と本人確認書類を持参し、お住いの市区町村の役所窓口に行きます。印鑑登録の廃止が出来たら、新たな印鑑で登録し直しましょう。

代理人における実印の再登録について

代理人における実印の再登録については委任状が必要になってきます。本人が実印を再登録するよりも日にちがかかりますので、ご注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。

実印登録については、以下の記事もご覧ください。

印鑑について知るカテゴリの最新記事