「印鑑」と「はんこ」の違いについてご説明します

「印鑑」と「はんこ」の違いについてご説明します

「印鑑」と「はんこ」の区別が付かない方も多いのではないでしょうか。今回は「印鑑」と「はんこ」の意味合いの違いについてご説明いたします。

「印鑑」とは

「印鑑」とは印章の印影のことを指します。もっと言うと、印章を紙に捺印したものを指します。鑑は「かがみ」とも読み、印鑑は印章の真偽を照合するために使われるため、この名前が付いたと言われています。

「はんこ」とは

「はんこ」とは、「印章」とも呼ばれ、物体としての呼び名で、印材に彫刻したものを指します。その他にも「印章」は「はん」「印」とも呼ばれています。

「印鑑」「はんこ」の言葉の使い方

よって、「印鑑を落とした」「印鑑を買いに行く」という言葉の使い方は、意味が通じるように見えて、実は間違えた使い方となっております。

「印章」の歴史

印章は古代メソポタミアから始まったとされていて、当時は円筒形の外の部分に絵を刻み、粘土板の上に転がして押印していたそうです。当時はまだ文字が発明されていなかったため、模様などが描かれていたそうです。この頃の印章は「カギ」の役割を果たしていたとされています。今とは違う使われ方をしていたみたいです。

いかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。

印鑑道HPはこちら

CTA-IMAGE 印鑑道は、岡山、香川で5店舗展開しております。 詳しい情報は、こちらまで。

印鑑について知るカテゴリの最新記事