会社の実印について

会社の実印について

新たに会社を立ち上げるために、会社の実印を作りたいと考えるお客様は数多くいらっしゃいます。では、会社の実印はどのような構成をしていて、どのように彫っていけばいいか、ご存知でしょうか。今回は、会社の実印についてご説明いたします。

会社用実印の構成

会社実印とは、本店所在地に届け出をしている会社の実印のことです。経営者が会社の代表者として、対外的に会社を代表して契約を結ぶとき等に使われます。会社の代表者としての役割を果たす印鑑で、代表者印とも呼びます。

それではまず、会社用の実印がどのように構成されているかご説明いたします。会社用の実印は外枠に会社名(例:株式会社印鑑道)を彫り、内枠には役職+印という形で彫ります。

・株式会社→代表取締役印

・合同会社、個人事業主→代表者印

・一般社団法人→理事長印

会社用実印は、角印よりも小さいサイズでかつ、銀行印よりも大きいサイズで作るのがオーソドックスです。実際は18mmでお作りさせて頂くことが多いですが、これに限ったことではありません。

おススメの書体

それでは、実印におススメの書体は何でしょうか。ご説明いたします。まず、印鑑を作るときに、楷書体、古印体、隷書体、行書体、印相体、篆書体の中からお選びいただけます。これは、ハンコ屋さんによって違うものです。前4つの書体が比較的読みやすいもの、後の印相体と篆書体が読みにくいものとなっています。おススメは読みにくい印相体か篆書体です。その理由として、コピーされる危険性があるためです。読みやすいものは、コピーされやすいため、避けるようにしましょう。会社の印鑑ですので、リスク回避を怠らないようにしましょう。

おススメの印材

会社の実印としてよく売れるのは、柘の印材です。会社の実印は大きいため、一つあたりの単価がそれほど安く手に入りません。柘は比較的リーズナブルな価格で手に入るので、人気があります。他には、赤いアグニの印材や男性人気の黒水牛などもおススメです。

いかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。

印鑑道ショップページはこちら

印鑑について知るカテゴリの最新記事