認印の書体について

認印の書体について

認印は郵便物の受け取りなど様々な場面で使うことがあります。では、認印はどういう書体が良いのでしょうか。ご説明いたします。

書体について

印鑑で使われることが多い書体は印相体、篆書体、古印体、隷書体、行書体、楷書体の6書体です。篆書体は中国古来の王朝からある書体で、コピーされにくいと言われ、セキュリティ面に強いと言われています。その篆書体を少し変化させたものが印相体です。印相体は、流派が沢山あり、これもコピーされにくくセキュリティ面に強いとされています。篆書体を簡略化したものが隷書体で、これを変化させて読みやすくさせたものが、楷書体と行書体です。これに対し、日本独自の文字で古印体というものがあり、読みやすく、印鑑タワーに多く使われる書体でもあります。

認印について

認印は、銀行や役所に登録されていない印鑑のことを言います。ですので、大きいハンコを作っていても、登録されていなければ、認印となるということです。認印は業務上の書類や郵便物の受け取りの際などのシーンで使います。シャチハタはゴムで出来ているので、認印を持って来てと言われたら、シャチハタを持っていくのはNGです。しっかり使い分けするようにしましょう。

認印の書体について

それでは、認印の書体はどれがおススメなのでしょうか。基本的に書類や郵便物の受け取りに使うので、読みやすい書体をお勧めします。実際に読みにくい書体は篆書体や印相体なので、読みやすさを取るなら、これ以外の書体が良いと考えます。誰が押した印鑑か、分かりやすくするためにも、読みやすい書体を選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。今回は認印の書体についてご案内しました。ご参考にして頂ければ幸いです。

スタンプ通販ページはこちら

CTA-IMAGE 印鑑道は、スタンプ通販を始めました。 スタンプに興味のある方は一度見てみてください。

印鑑の掘り方カテゴリの最新記事