認印と実印の違いについて

認印と実印の違いについて

「実印を買いたいけど、認印と同じじゃだめなの?」「実印はあまり使わないものなのかな?」「実印って認印と何が違うの?」と思ったことのある人はいるでしょうか。今回は、実印と認印の違いについて説明するとともに、実印を買って印鑑登録するところまで、しっかりとご説明いたします。

実印とは

実印とは、市区町村の役所に登録した印鑑のことを指します。印鑑を役所に行って登録することを印鑑登録と呼び、印鑑登録した後に渡される書類を印鑑登録証明書と呼びます。実印と、印鑑登録証明書とを照らし合わせて、実印を本当に本人が押したものだ、と証明します。だから、実印を押すときは、印鑑登録証明書も一緒に提出を求められるということです。

たとえ実印と同じように作った印鑑でも、印鑑登録していなければ、それは実印とは呼びません。印鑑登録して初めて実印としての効力を発揮するということは押さえておいてください。

認印とは

認印とは、役所にも銀行にも印鑑登録していない印鑑のことを指します。例えば、100円ショップで買った自分の名字が描かれてある印鑑も認印ですし、象牙で彫った印鑑でも実印や銀行印の登録がされていない印鑑は認印として扱われます。余談ですが、後者で述べたように、象牙の印鑑を認印として買われるお客様も少なからずいらっしゃいます。

認印を持って来てください、と言われたら100円ショップで買った印鑑を持って来てもいいですし、ハンコ屋さんで良いのを作ってもらって少し自慢するのもいいかもしれませんね。

実印と認印の違い

それでは、実印と認印は何が違うのでしょうか。まず、大きく違うのは使用するシーン(場面)です。実印を使用するシーンは、人生の大きな節目となる契約を行う際に使用します。

具体的には車の購入や不動産の購入、会社設立や遺産相続などで使用します。認印は、日常的なシーン、会社での書類や郵便物の受け取りなどで使用します。

他に違いがあるとすれば、その重要度です。実印の方が重要であるので、他の人にコピーされにくいように書体を難しくしたり、フルネームで彫ったりします。大きさも基本的には実印の方が大きなサイズで作られます。実印はあまり使用しませんが、使用しないがゆえに良いものを作っておかないと、コピーされたりする危険性も高まってしまいます。

認印と実印は兼用して大丈夫?

認印と実印を兼用して使用される方もいらっしゃいます。これは実は避けた方が良いです。というのも、実印を頻繁に押してしまうと、巷に自分の実印が沢山押されてしまうことになり兼ねないので、コピーされるリスクが高まってしまいます。ですので、出来るだけ認印と実印は兼用せずに作っておいた方が良いです。

実印は読みにくい篆書体や印相体で作り、認印は読みやすい古印体や楷書体で作っておき別々に使用すると、セキュリティ性も高まります。

実印はどこで買えばいいの?

実印は通販にしろ、お店に行くにしろ、ちゃんと信頼のおけるハンコ屋さんで買うようにしてください。お金に余裕があるのであれば、良いものを作ってもらって、耐久性にも困らないずっと使えるものを買っておいた方がいいかもしれません。実印は使わないとはいえ、数十年使うと欠けてしまうものもございますので、ハンコ屋さんに聞いて耐久性のある印材を選ぶと長持ちしやすいです。

余談ですが、通販で買うと人と会わずに手軽に印鑑を買えるのに対し、お店でハンコを買うとハンコ屋さんによってはハンコの色んな話が聞けます。興味がある方はぜひハンコ屋さんに足を運んでみて下さい。

印鑑登録について

実印が手に入ったら、お住いの市区町村の役所に行って印鑑登録をしましょう。印鑑登録に出来る印鑑は、自分の氏名が入ったもの、大きさなどのルールがあるので、実印を買う前に各市区町村のホームページ等で確認しておきましょう。印鑑登録が完了したら、手持ちの印鑑が実印になります。実印は数十年と使うものなので、しっかり欠けないようにケアしてあげてください。

いかがでしたでしょうか。実印と認印の違いについてご説明いたしました。ご参考になれば幸いです。

印鑑道 岡山本店
〒700-0936 岡山県岡山市北区富田516-14
マップはこちら

印鑑道 倉敷中島店
〒710-0803 岡山県倉敷市中島2370-109
マップはこちら

印鑑道 倉敷市役所前店
〒710-0824 岡山県倉敷市白楽町399-1
マップはこちら

印鑑道 岡山西店
〒700-0964 岡山県岡山市北区中仙道1-1-31
マップはこちら

印鑑道 高松三条店
〒761-8064 香川県高松市上之町1丁目13-18

印鑑道ショップリスト(お問合せはこちらから)

https://inkando.jp/sec/shop.html

スタンプ通販ページはこちら

CTA-IMAGE 印鑑道は、スタンプ通販を始めました。 スタンプに興味のある方は一度見てみてください。

印鑑について知るカテゴリの最新記事