岡山・倉敷・高松の印鑑・ゴム印・名刺のことなら印鑑道
  岡山本店・倉敷中島店・倉敷市役所前店・岡山西店・高松三条店

実印と銀行印の違い

実印とは

実印とは住民登録をしている市区町村に印鑑登録の申請をして、受付されている印鑑のことです。見た目が実印のような形でも、登録をしていないものは実印ではないんですね。

実印は印鑑の中ででも、もっとも重要な印鑑になります。公正証書の作成、金銭貸借証書、契約書、不動産の売買や、遺産相続、法人の発起人となるとき、自動車登録等に使用します。実印は本人を証明するための印鑑になりますので、銀行印、認印など他のハンコとの兼用することは避けた方がよいです。特に認印のように家族で一緒のものということがないようにして下さい。捺印する場合も書類の内容をよく読んで確認しながら押印するという意味を込めて慎重に取り扱って下さい。

実印は、男性の場合はフルネーム・女性の場合は姓名の名のみでお彫りすることをお勧めしております。また男性の場合は縦にお彫りし、女性の場合はお名前だけを横にお彫りしています。男性のフルネームを縦に彫るのは、「盾」と言って敵から守ることを表しています。諸々の悪運から身を守り、転じて幸運を自分のものにすると言う意味があることから、男性はフルネームを縦にお彫りさせて頂きます。

銀行印とは

銀行印とは銀行・ゆうちょ銀行など金融機関での預貯金口座開設、金銭の出し入れに使用するハンコで、定期預金・普通預金・振替預金・郵便預金等の金銭関係に使われます。

金融取引において非常に大切なものですので、紛失しないよう保管には十分な注意が必要です。特に、通帳とぎんこう印があれば、本人でなくてもお金を引出すことができるので、盗難などには要注意です。

銀行印の場合は、実印と違い横でお彫りをさせていただいております。それはなぜでしょうか?
実は、水は縦には流れますが、横には流れませんよね? そのことからお金や運が流れていくのを防ぐ意味を込めて横でお彫りさせていただいています。
男性は姓名の姓のみを横彫りで、女性の場合は姓名の名のみを横彫りさせて頂いています。

印鑑道では丁寧におひとつおひとつをお作りさせて頂いておりますので、同じものは2つとしてありません。安心して当社にご用命下さい。